Now Loading...

Now Loading...

歯科・眼科|診療科目

DEPARTMENT

歯科

動物も人と同様に歯垢や歯石が蓄積します。しかし、人と異なり毎日歯磨きをすることは困難です。したがって、人よりも何十倍も歯科疾患が多いのです。近年高齢動物の増加に伴い、歯肉炎、歯周炎そして歯周病が多くなってきています。これらは口臭の原因になるだけでなく、心臓疾患などの全身疾患にもつながることが示唆されています。早期発見早期治療は大切ですが、一番大事なことは予防です。

定期的な歯石除去(スケーリング)をお勧めしています。スケーリングは、超音波スケーラーにより歯石を除去します。

破折

硬すぎる物の咀嚼は歯のエナメル質がすり減る(咬耗)原因となります。咬耗によって歯が折れたり割れたりすることを破折といいます。上顎第四前臼歯に多く、歯髄が露出してしまうため根尖膿瘍の原因にもなります。

根尖膿瘍

歯周病の悪化や破折により歯根の先端で感染が起こると、化膿性炎症を生じます。周囲の歯周組織は壊死し膿が溜まるため根尖膿瘍となります。悪化すると歯槽骨の骨融解をおこす可能性があります。

歯瘻

歯肉炎、歯周炎が歯槽骨まで波及すると骨融解が起こります。進行すると皮膚との間で瘻管が形成され穴が開きます。瘻管が眼下や鼻、頬部に開口する外歯瘻と口腔内に開口する内歯瘻があります。また、開口部からは排膿や出血がおこります。

乳歯遺残

犬は5~7ヶ月齢で乳歯が抜け、永久歯に生え変わります。ところが乳歯が抜けずに残ってしまう場合があります。乳歯遺残では歯石が溜まりやすく歯周病や不正咬合の原因になります。乳歯遺残の場合、自然と抜け落ちる可能性は低く抜歯が適応となります。

口腔内腫瘍

エプーリス … 良性腫瘍に分類されますが線維性、骨性、棘細胞性があり、棘細胞性は局所浸潤が強く骨破壊が起こる危険があります。歯茎に腫瘤が形成され、顎骨を含めた切除が必要となることがあります。

悪性黒色腫(メラノーマ) … 悪性口腔内腫瘍の中では最も発生頻度が高い腫瘍です。組織浸潤性が高く、早期転移する可能性があります。メラニン細胞から発症する腫瘍で黒色の腫瘤を形成しますが、時には非色素性黒色腫が発生することもあります。

扁平上皮癌 … 口腔粘膜にびらんや潰瘍ができ、ただれたようになります。浸潤性はあるものの転移は後期にみられます。

繊維肉腫 … エプーリスと見た目は似ていますが、急速に大きくなります。浸潤性は高いのですが、拡散しにくい腫瘍です。

抜歯(歯周病)

歯周病の放置で鼻腔まで穴があいた状態

歯石除去

歯石除去前

歯石除去後

根尖膿瘍

眼科

日常よく遭遇する眼の症状には、痛み(しょぼしょぼする)、充血、白い、涙目などがあります。そして、眼の病気には、結膜炎、角膜炎、角膜潰瘍、ブドウ膜炎、緑内障、白内障、網膜剥離など様々あります。これらを的確に診断するには、特殊検査機器が必要となります。

義眼挿入、チェリーアイ、角膜潰瘍、角膜穿孔に対する結膜フラップ術や瞬膜フラップ術、眼瞼形成術、腫瘍摘出術を行っております。

充血がある場合は結膜炎、上強膜炎、角膜炎、角膜潰瘍、ブドウ膜炎、緑内障が疑われます。ペンライトによる検査、細隙灯顕微鏡を用いた検査、眼圧の測定、フルオレセイン染色による角膜潰瘍の確認を行い治療方針を決定します。

よく診る眼科疾患

角膜潰瘍 … 角膜に傷がついている状態です。ケンカ、異物などによる外傷性のものが多く、痛み(羞明)が見られます。浅い傷に対しては点眼を使用し角膜の治癒を促進します。深い傷に対しては血清点眼を使用し積極的な治療を行います。傷が深く、穿孔の可能性がある場合は結膜フラップ術や瞬膜フラップ術を行います。

ブドウ膜炎 … 眼球内の虹彩、脈絡膜、毛様体という部分の炎症です。感染症、腫瘍、免疫異常などで起こるといわれています。わんちゃんでは白内障に続いて起こる事も多く、ブドウ膜炎が続くと緑内障が起こり視力を失う可能性があります。炎症を抑える点眼薬を使い悪化を防ぎます。

白内障 … レンズの役割をしている水晶体のタンパク質が変性し白濁していく病気です。進行を和らげる点眼薬やサプリメントを使用しますが少しづつ進行していきます。

緑内障 … 眼内を循環している眼房水の産生、排泄異常により眼内の圧力(眼圧)が上昇し、放置すると視力をうしなってしまう病気です。主に眼房水の産生を抑えたり、排泄を促進させる点眼薬や内服薬による治療を行います。

フローレス検査陽性(角膜潰瘍)

ACCESSアクセス

住所
〒327-0815 
栃木県佐野市鐙塚町154-3 Google map
受付時間
午前9:00-12:00 午後16:00-18:30
休診日
日曜日
駐車場
12台 完備

0283-23-1339

診療時間
9:00-12:00 ×
16:00-18:30 ×

休診日であっても、ホームドクターとして急な病気やトラブルにも対応できるようAM9:00~PM18:30まで、病院への電話はつながります。

何かお困りのことがありましたら、病院にお電話をください。

なお、休診日診療には時間外料金がかかりますので、予めご了承ください。

診療科目:内科・外科、入院、各種予防・ワクチン

クレジットカード:

VISAMaster Cardアメリカン・エキスプレスJCB

他、各種カードを取り扱っております。

電子マネー:

電子マネー

その他の電子マネーも取扱っております。

おサイフケータイ ドコモID はお取り扱いしていません。

トリミング専用電話番号

070-5518-6848

(午前9:00〜午後19:00 不定休)

させ犬猫の病院 CTスキャンあり -栃木県佐野市の動物病院-

栃木県佐野市の動物病院「させ犬猫の病院」
〒327-0815 栃木県佐野市鐙塚町154-3
TEL:0283-23-1339