Now Loading...

Now Loading...

耳科・皮膚科|診療科目

DEPARTMENT

耳鼻科

日常よく見られる病気に外耳炎があります。外耳炎の原因として外傷、感染症、アレルギーなどが考えられます。ワンちゃんによっては、耳道が狭かったり耳の毛が多かったり過剰な耳垢があったりと様々なことが重なり外耳炎が悪化していきます。

外耳炎

外耳道に耳垢が溜まり、炎症を起こし皮膚が赤く腫れます。慢性化してしまうと皮膚が肥厚し外耳道を塞いでしまいます。細菌感染、真菌感染が主な原因で慢性化しやすく、再発もしやすいのが特徴です。

中耳炎

外耳炎の波及、耳管からの感染、腫瘍により外耳のさらに奥にある中耳で炎症が起こります。中耳の周囲の神経にも影響が及ぶと、斜頸、難聴、一部の顔面麻痺がおこることがあります。中耳炎では鼓膜が穿孔している場合があり、薬液による治療が困難な場合があります。

内耳炎

耳の最も奥にある内耳は平衡感覚を司る三半規管と聴覚を司る蝸牛管があります。三半規管が障害されると歩行困難、眼振が生じます。また蝸牛管が侵されると難聴になります。

耳血腫

耳介に分泌液や血液が貯留し耳が膨らんだ状態になります。膨らんだ部分は熱感やかゆみを伴います。放置すると耳介軟骨が変形し耳の形が変わってしまうことがあります。原因として、外傷や免疫介在性疾患などによって耳に痛みやかゆみが生じ、耳を掻いたりすることで発症します。

耳疥癬

ミミヒゼンダニと呼ばれるダニの仲間が耳の中に寄生することで起こります。ミミヒゼンダニは耳垢や血液を栄養源とし生活しています。ダニの増殖に伴い、耳の中がダニの排泄物や耳垢で黒ずんできます。また吸血時の傷や免疫応答がかゆみの原因にもなります。

皮膚科

皮膚病と言っても様々な原因があります。皮膚病を診断するうえで大切なことは、犬種、年齢、皮膚の状態です。これらのことから皮膚病の原因を探し出し、的確な治療をしていかなければなりません。しかし、皮膚病の中には治せるもの、コントロールしなければならないもの、治らないもの様々あります。それを判断するため、様々な角度から検査、治療をしなければなりません。

以下に主な皮膚病の原因を載せてあります。
1.感染症 … 細菌、真菌、寄生虫
2.アレルギー疾患 … アトピー性皮膚炎、疥癬、食物アレルギー、ノミアレルギー性皮膚炎
3.内分泌疾患 … 甲状腺ホルモン異常、副腎皮質ホルモン異常、性ホルモン異常
4.免疫介在性疾患
5.先天性疾患
6.腫瘍
7.精神的要因

皮膚の異常をみつけるための検査

皮膚の細胞診・セロハンテープ検査 … 皮膚にスライドグラスやセロハンテープを押し付けて、そこに付着した細菌の種類(ブドウ球菌、マラセチア、緑膿菌など)をみて病気の判断をします。

毛検査 … 症状の出ている場所の毛を抜いて顕微鏡で確認し、糸状菌の存在、寄生虫(ニキビダニ)の存在、毛の異常が無いかを確認します。

皮膚掻爬検査 … 症状の出ている場所を引っ掻くようにして組織を集めて顕微鏡で確認し、寄生虫(疥癬虫、ニキビダニ)がいないかを確認します。

ホルモン検査 … 血液検査で副腎皮質機能亢進症(クッシング)、甲状腺機能亢進症・低下症が無いかを確認します。

真菌培養検査 … 糸状菌の感染が疑われるときに症状の出ている場所の毛やフケを集めて糸状菌の存在を確認します。

薬剤感受性検査 … 治りが悪い・再発する膿皮症の場合、使用している抗菌薬に耐性がある細菌の存在を疑い行う検査です。症状の出ている場所から細菌を採取し、どの抗菌薬に効果があるかを調べます。

皮膚生検(病理検査) … 上記の検査や治療に反応が乏しいとき、自己免疫疾患、腫瘍、診断の確認の為に行う検査です。症状の出ている場所、症状の出ていない正常な皮膚の組織を2~4箇所特殊な器具を用いて採取し、組織的な異常が無いかを確認します。様々な病気の診断の手助けになります。

例)天疱瘡(落葉状、紅班性、尋常性)、腫瘍(上皮向性リンパ腫、扁平上皮癌、肥満細胞腫、メラノーマ)、脂漏症、多汗症、犬の家族性皮膚筋炎、犬のブドウ膜皮膚症候群(VKH)、淡色被毛脱毛症(CDA)、皮膚血管炎、多形紅斑(EM)、中毒性皮膚壊死症(TEN)、無菌性結節性脂肪織炎、無菌性肉芽腫、猫の形質細胞性足皮膚炎など

ACCESSアクセス

住所
〒327-0815 
栃木県佐野市鐙塚町154-3 Google map
受付時間
午前9:00-12:00 午後16:00-18:30
休診日
日曜日
駐車場
12台 完備

0283-23-1339

診療時間
9:00-12:00 ×
16:00-18:30 ×

休診日であっても、ホームドクターとして急な病気やトラブルにも対応できるようAM9:00~PM18:30まで、病院への電話はつながります。

何かお困りのことがありましたら、病院にお電話をください。

なお、休診日診療には時間外料金がかかりますので、予めご了承ください。

診療科目:内科・外科、入院、各種予防・ワクチン

クレジットカード:

VISAMaster Cardアメリカン・エキスプレスJCB

他、各種カードを取り扱っております。

電子マネー:

電子マネー

その他の電子マネーも取扱っております。

おサイフケータイ ドコモID はお取り扱いしていません。

トリミング専用電話番号

070-5518-6848

(午前9:00〜午後19:00 不定休)

させ犬猫の病院 CTスキャンあり -栃木県佐野市の動物病院-

栃木県佐野市の動物病院「させ犬猫の病院」
〒327-0815 栃木県佐野市鐙塚町154-3
TEL:0283-23-1339